Works
  • Works

202X CRYPT CITY

About

ライゾマティクス齋藤精一氏が渋谷CASTにて「202X CRYPT CITY」と題した仮想の都市空間を体験できるインスタレーションを展示しました。開発が進む東京都心部に対して、進んでいる建設はそのままに、もっと良い東京を残すことはできないか、という課題のもと企画。「それぞれの都市が全てを賄うのではなく、全ての街で全てを賄う」ことを促すため、都市開発の情報を暗号化し、多方面で共有できるようにし ています。


Approach

日経アーキテクチュア様から提供された人口の増減、都市 収容能力、地価の上昇など様々なデータをもとに、グラフをデザインしモーションをつけてデータを可視化しています。都市開発プロジェクトの遷移の場面は、膨大なエクセルデータから地図上の場所を特定、モーションを作り上げていきました。映像全体を通して、データの綿密で洗練されたイメージの世界観を体現した作品です。


Creative Director

齋藤 精一 (株式会社ライゾマティクス)

Producer

有友 賢治 (TYO drive)

Art Director

木村 浩康 (株式会社ライゾマティクス)

Motion Graphic Director

加藤 貴大 (EDP graphic works Co.,Ltd.)

Motion Graphic Designer

遠藤 良太 (EDP graphic works Co.,Ltd.)

野村 千朝 (EDP graphic works Co.,Ltd.)

菊川 桃菜